金のスキンケア・デリケートゾーンがかゆい!などスキンケア商品が見つかる評判が分かる情報サイト

デリケートゾーンがかゆい!毛穴の黒ずみ・開き・シワ・美白・肌のハリやニキビまで改善したい。スキンケアに悩む潤いが欲しいすべての女性へ

みんなのスキンケア法

【季節別】肌荒れのタイプに応じたスキンケア方法やボツボツ・大人ニキビ対策はこうしろ!

投稿日:

福岡県にお住まいののぼるさん(28歳/事務職派遣社員)の肌荒れのスキンケア方法

今日化粧のノリが悪いかな?なんていう日は時たまありますよね。

ふと鏡をみたら思わぬところに吹出物が出来ていたり、くすみが酷くなっていたりしてなんだか焦りを感じたり落ち込んだりなんていう事もあるかと思います。

肌荒れは、季節の移ろいや身の回りの環境の変化等、様々な要因でものの簡単に引き起こされます。生活習慣も関係していますね。

顔の皮膚というものは非常に繊細に出来ています。
なので、肌荒れを出来るだけ避ける為のお手入れ方法を考えていきましょう。

顔のゴシゴシ洗いは厳禁!

筆者は顔だけではなく、身体の皮膚にも度々問題が起こることがあるのでその皮膚科にかかることが多い身です。待合室で暇な時、院内に置いてある肌トラブルに関する小冊子を読んでいるのですが、そこに必ず書いてある文言が、「清潔に」「優しく」という言葉です。

もはや基本中の基本に思えて何ら新鮮味も無く思えますが、これは非常に重要な事です。

顔を洗う手、使うタオルは常に清潔であるか、日々の行いで習慣化している洗顔の手順を見直すのも良いかも知れません。

顔のゴシゴシ洗いは禁物、洗顔料をよく泡立てて優しく洗う。これももはや通説ですね。

ニキビや吹き出物の上手な洗顔回数と温度は?

ニキビや吹出物が出る事が多い方は一日ニ回洗う事が理想的だそうです。

筆者は冬場、朝起きた時点で肌が突っ張っていたり乾燥を感じる事があるので、そのような朝はぬるま湯でやさしく丁寧にすすぐだけにしています。これにより皮膚本来の油分や水分を落としすぎる事を防いでいます。

因みに、洗顔において理想的なぬるま湯の温度帯は32〜35℃だそうです。

冷たすぎても汚れが落ちにくくなり、熱すぎると過剰に皮脂や角質が落ちてしまうので、体温よりも高すぎず、ほの温かい程度を適温としています。

洗顔料も色々有りますが、現在使っている洗顔料で、洗い上がりの肌のつっぱりを感じる時は、別の洗顔料を試してみるのもいいかも知れませんね。

スキンケア商品に違和感がある時

日々のスキンケアで、いつもと同じ基礎化粧品を使っていても何となく以前と使用感が違う、乾燥するなど、違和を感じる時がままあるかと思います。

要因としては、季節の変化や肌質の変化が考えられます。

スキンケア用品は用途に応じてシリーズ化しているものも多く、ライン使いされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スキンケア用品に求める効能を十分に発揮するには、ライン使いも効果的なのですが、ほんの少しでも使用後のお肌に疑問が出るのでしたら、思い切って別のスキンケア用品にしてみるのもいいでしょう。

加齢や環境によって体調に不調が出やすくなったりするように、お肌も日々の歩みの中で常に変わり続けています。なので、半年前までお肌を快調に導いてくれていた化粧品も、現在の肌にはベストではないという事もあり得ます。

それは季節も同じことです。去年より酷暑または酷寒がやけに続くなど、年単位、月単位でも安定しないものです。お肌は湿度や気温の影響を強く受けます。なのでその環境に適した化粧品を選ぶという事も大事です。

筆者も以前は決まったブランドの化粧品をいつも使っていました。その化粧品も十分効果の高いものだったのですが、何と無くお肌の調子が良くない日もありました。そんな中、買ったメイク本から上記のアドバイスを得て別のスキンケア用品にした所、よりお肌の状態が良くなりました。

潤い重視のスキンケア方法

お肌はとても気まぐれなので、化粧品の効能に任せきりにならず、日々お化粧前や洗顔後に肌の状態をチェックして傾向を把握し対策をするという事も健康な肌でいる為には必要な事であると思います。
お肌の乾燥は肌荒れの原因だけでなく、シワの原因にもなります。

ですので、常にほどよく潤いのある状態をキープできるようにスキンケアをする必要があります。

習慣として手軽に出来る洗顔後のスキンケア法としては、化粧品を含ませたコットンでお肌をやさしくパッティングして、そのコットンを横に2つに割いてそれぞれ頬に貼りパックをします。このコットンパックは、コットンのしっとり感が無くなるくらい、五分程度で十分です。

手で化粧水を馴染ませるだけの方法と比べて、潤いの持続性が高まったと筆者は感じます。

乳液をつける際は、ついでに顔のマッサージをすると良いでしょう。顔のマッサージをする事で血行が良くなり顔色が明るくなります。

マッサージ法につきましては、本で探すのも良いですし、ネット調べるとプロのヘアメイクさんが動画で紹介していたりするので、かなりお手軽に取り組み易くなっています。お肌を刺激し過ぎない事を念頭に、自分に合った、または習慣として取り入れやすい方法を探るのも良いですね。

乾燥がより顕著な日は、乳液を馴染ませた後に再び乳液を重ね付けする方法を取ります。

そして十分乳液がお肌に行き渡った後、クリームなどの化粧品を塗ります。
これもお肌の調子に合わせてですが、化粧水の前にブースターを使う時もあります。

化粧水ブースターもオイルタイプやミルクタイプや泡で出てくるタイプなど様々なので、その時の自分にに合った物を選んで使うのも良いでしょう。
また、スペシャルケアとして週毎、または隔週一回程度の間隔で美容パックをおすすめします。

紫外線対策はどうする?

夏場などは特に、遊びや仕事などで炎天下の中外を歩き回ったりする事もあります。

紫外線はお肌に負担をもたらすので、パックなどでしっかり保湿をし、火照る場合には保冷剤をタオルで包んでじんわり冷やす等自宅で出来るセルフケアは進んで行う事も大事です。

スキンケアをしっかりしていても、ニキビや吹出物が出来て、しかも中々治らないという時も稀にあります。
ニキビは進行するにつれ毛穴に炎症が生じます。早い段階で治れば良いのですが、角質が厚くなったり、毛穴の菌が増殖する事によってさらに炎症が広がる事もあります。

対処せずに居ると皮膚に跡が残ったりもします。

出来てしまったニキビや吹出物や皮膚の炎症を治すに当たり、一番確実な方法は皮膚科に行って治療をする事です。医師の診断や指示により適切な処置を受ける事で、トラブルの解決がよりスムーズになります。

肌荒れなどトラブルの対策は日頃から自分の肌と向き合い、評価をし、そしてそれに見合った対処をする事です。

「ちょっと乾燥しがち」「お肌がベタベタする」「少し荒れてきた」と思ったらその気付きを重んじて自分に出来る方法でお肌を労わるのも大切ですね。

ココがポイント

たとえば、化粧品の定期便をしている方などでも、ずっと使い続けるのではなく、季節によって使い分ける方がよいということですね。確かに、夏と冬では、肌荒れの原因も違いますね。

関連商品

私は、これをオススメします
このような方へオススメするのは、やはり、ステラうふ肌ですね。
うふ肌は、金のスキンケアの記事でも何度かご紹介しているのですが、30代~40代の方で肌荒れに悩んでいる方から圧倒的に支持されている商品です。肌荒れ以外にも、シミや黒ずみ、乾燥肌など、あらゆる悩みで注目を集めていて、40代メインのスキンケア化粧品ですが、30代以下の方でも使っている人は多い様子。値段も買いやすいと思いますので、私はオススメします。



>うふ肌オールインワンジェルの詳細<

記事カテゴリーを表示

あなたの悩みはなんですか?

デリケートゾーンかゆい

  • 毛穴の黒ずみ
  • 毛穴の開き
  • 目元のクマやシワ
  • 乾燥肌・肌荒れ
  • ハリ・シワ・たるみ
  • デリケートゾーンやバストトップの黒ずみ・シミ・匂い・臭い

-みんなのスキンケア法
-, , , , , ,

Copyright© 金のスキンケア・デリケートゾーンがかゆい!などスキンケア商品が見つかる評判が分かる情報サイト , 2019 All Rights Reserved.